完工事例

エリアでみる|すべて

Ⅰ邸

建築中レポート

1.2008年08月26日

地盤改良工事がスタートしました。地盤の強度にばらつきがある為写真のように地中にコンクリートを流し込みたくさんの柱のような物を作ります。

2.2008年08月27日

こちらが柱を打ち込んだ頭です。

3.2008年08月27日

こんなにたくさんのセメントを使います。

4.2008年08月29日

遣り方という作業工程です。基礎の配置を正確に出すための大事な作業です。

5.2008年09月02日

値切りという工程です。基礎を作る場所を深めに掘ると地盤改良をしたコンクリートを柱が頭をのぞかせます。

6.2008年09月07日

深基礎とも高基礎ともいいます。高低差のある敷地でよく見られるやりかたです。

7.2008年09月08日

砕石を敷きつめ防湿フィルムを張りその上から墨だしという工程に進みます。

8.2008年09月09日

枠組みです。基礎の外側の壁を作る為の型枠です。

9.2008年09月11日

鉄筋を組み終わりました。JIOの配筋検査を受けています。基礎の外側には断熱材も見えています。

10.2008年09月11日

基礎のベースとなるスラブを打ち込みます。この時枠の中に隅々までコンクリートが行き渡るようにバイブレータという機械で振動を与えながら慎重にコンクリートを流し込みます。

11.2008年09月11日

コンクリートを全て流し込み表面を平らに仕上げました。

12.2008年09月12日

基礎の立ち上がり枠が組みあがりました。

13.2008年09月12日

写真の金物は基礎と土台をしっかりと寄せて密接に繋げる金物です。

14.2008年09月13日

ミキサー車とポンプ車でコンクリートを流し込みます。

15.2008年09月13日

立ち上がりにコンクリートを流し込んでいきます。

16.2008年09月13日

枠を外した時に表面が平らになるように丁寧に馴らしながら作業を進めます。

17.2008年09月17日

型枠を外すと基礎の断熱材が姿を現します。この上にターミメッシュを施工します。

18.2008年09月17日

ターミメッシュの前に配管を通します。

19.2008年09月17日

ターミメッシュが完成するとすぐに上から接着剤、保護モルタルと塗り重ね断熱材が見えるのは一瞬です。いよいよ27日に上棟です。

20.2008年09月25日

土台を敷きました。今回の土台は静岡は天竜のヒノキ。天然乾燥した良材です。

21.2008年09月25日

基礎と土台をこのような金物でしっかりと繋ぎます。いよいよ上棟です。

22.2008年09月27日

ほぼ上棟完了です。

23.2008年09月27日

柱を1本1本手で建てていきます。

24.2008年09月27日

2階の柱が建ち始めると建物の外観が出来てきます。

25.2008年09月27日

作業が終了。天気もなんとか一日もって無事上棟終了です。お疲れ様でした。

26.2008年10月02日

上棟から雨続きですが久々に晴れて断熱材が運び込まれました。

27.2008年10月02日

屋根の下地となる垂木という材料を施工します。

28.2008年10月02日

垂木の上から野地板という下地を施工します。ちなみにDearHomeでは杉の野地板を採用することが多いです。

29.2008年10月05日

雨が続く中、雨の合間を見て野地板の施工が完了しました。

30.2008年10月06日

野地板の上から断熱材を綺麗に並べて留めていきます。これが屋根断熱といいます。

31.2008年10月07日

屋根の断熱施工が完了しましたがまだまだ気密施工が残っています。

32.2008年10月07日

黒い気密テープを断熱材の継ぎ目に貼っていきます。こうする事で家の隙間を限りなくゼロに近づけます。

33.2008年10月11日

断熱材の上に通気層(空気が通る隙間)を確保するための通気胴縁とよばれる木材を施工します。この通気層を確保することで夏場太陽に熱された屋根の下の暑い空気が上にのぼっていき屋根の頂点の棟換気と呼ばれるところから排出されます。

34.2008年10月11日

全体の外観です。

35.2008年10月11日

通気胴縁の上から屋根の仕上げ材の下地になるベニヤを貼っていきます。

36.2008年10月12日

玄関ドアが届きました。

37.2008年10月15日

屋根の防水の為にルーフィングと呼ばれる防水シートを貼ります。

38.2008年10月15日

ソーラーサーキットの家では必須の樹脂サッシが届きました。

39.2008年10月15日

床下の通気を促すダンパーを取り付けます。

40.2008年10月18日

コロニアルと言われる屋根材を噴き終えました。

41.2008年10月18日

壁の断熱材を貼って屋根と同じ断熱材の継ぎ目に気密テープを貼ります。こうすることで家全体を屋根、壁、基礎とすっぽり覆う外断熱が完成します。

42.2008年10月18日

建物内部から見た断熱材。構造材の木材の外側をすっぽり覆っている様子がよく分かります。

43.2008年10月18日

壁断熱完了風景。奇麗に気密テープが施工されています。

44.2008年10月18日

サッシと取り付けるところに下地の木材を施工します。断熱材から飛び出している所にサッシを外付けという方法で取り付けていきます。

45.2008年10月18日

サッシを取り付ける前に防水シートをサッシの下端に貼ります。こうする事で細かい隙間からの雨水の侵入を防ぎます。

46.2008年10月18日

室内側から見たサッシの様子です。

47.2008年10月22日

断熱材の上からこちらも屋根同様に胴縁という通気層確保のための木材を施工します。

48.2008年10月22日

通気胴縁は家全体に効果的に空気の流れを考えながら施工していきます。

49.2008年10月23日

水道の配管工事が始まりました。この時点ではすでにキッチン、洗面化粧台、トイレ、ユニットバス等の内容が確定していなければいけません。

50.2008年10月23日

これはキッチンの配管です。食洗器や水栓の位置がこの段階で決まっていればこのように下地工事もスムーズに進みます。

51.2008年10月23日

リビングの小上がりスペースの下地を組んでいきます。

52.2008年10月24日

フローリングを貼る前の捨てばりというベニヤ下地を貼ります。

53.2008年10月25日

断熱材の上に胴縁、そして透湿防水シートをはっていきます。

54.2008年10月25日

天井下地とともにカーテンボックスも施工していきます。

55.2008年10月28日

フローリングが入ってきました。マルホンのカバザクラという白っぽいフローリングです。

56.2008年10月28日

小屋裏スペースです。間取りと屋根の形からこれだけの小さなスペースになりました。

57.2008年10月28日

スイッチやコンセントの位置をボックスを設置した後に現場で一つ一つ確認します。

58.2008年10月30日

電気配線が終わりました。照明の位置も決まり大工さんの工事も佳境に入ってきます。

59.2008年11月01日

胴縁といわれる空気が流れる隙間を作る材料を施工します。

60.2008年11月01日

小屋裏に上がる為の梯子を設置しました。

61.2008年11月01日

エアコンの穴とコンセントです。弊社の建物ではエアコンのダクト用の穴はこの段階で開けておきます。

62.2008年11月04日

フローリングを貼り始めました。無垢のフローリングはこうして1枚1枚貼っていきます。確かに手間のかかりそうな作業です。

63.2008年11月04日

吹き抜けの上からみたLDKです。

64.2008年11月05日

どんどんフローリングが貼りあがっていきます。カバザクラは節の少ない色の白い木です。

65.2008年11月07日

ベランダの防水工事が終了しました。ネズミ色のところがFRP防水と呼ばれるものです。

66.2008年11月07日

小上がりのフローリングを貼る前の作業、割り付けです。こうやっていかに綺麗に見えるかを考えながら施工していきます。

67.2008年11月10日

階段の施工です。この階段はゴムの木の集成材です。

68.2008年11月11日

気密測定です。想定される全ての穴(エアコンのダクトや換気扇)をあけてから気密測定を実施します。期待通りの数値が出ました。

69.2008年11月11日

ユニットバスの施工です。ほぼ一日で施工が完了します。

70.2008年11月13日

玄関の上り框を取り付けました。この部分だけ檜の白い部分を厳選して選びました。

71.2008年11月13日

大工さんお手製のスリッパ入れ。ちょっとした気遣いです。

72.2008年11月13日

仕上げのボード貼りです。埋め込み照明のところはあらかじめ開口しておきます。下地施工からすべて関係してくる工事です。

73.2008年11月14日

内部の室内ドアが搬入されました。白いドアを選択しました。

74.2008年11月14日

小屋裏にテレビアンテナを設置しました。外観もすっきりしますが電波状態によっては不可能な場所もあります。

75.2008年11月14日

外壁工事です。

76.2008年11月18日

室内ドアを設置しました。

77.2008年11月18日

こちらはクローゼットドアです。

78.2008年11月18日

これが窓枠です。外断熱では壁が厚いのでご覧のような奥行きの深い窓枠になります。

79.2008年11月19日

造作机です。いろいろな形状に制作することができます。こちらはパソコンとテレビの設置スペースです。

80.2008年11月19日

上吊ドアです。大工さんは一つ一つ調整しながら取り付けていきます。

81.2008年11月24日

全ての室内建具が取り付けられ随分と部屋らしくなってきました。

82.2008年11月26日

カウンタータイプの飾り棚兼玄関収納です。

83.2008年11月26日

収納内部の棚が取り付けられました。大工さんの工事もいよいよ最終章です。

84.2008年11月26日

照明の取り付け位置に穴をあけます。

85.2008年11月27日

キッチンの設置が完了しました。いよいよ内装の仕上げです。

86.2008年11月27日

外部の足場が外れました。外壁工事や換気システムの吸気口も取付完了です。

87.2008年12月04日

紙クロスの施工です。思ったほどの貼りづらさは感じないとの事。どのくらいの日数がかかるのか実験中です。

88.2008年12月04日

こちらがオガファーザーという紙クロスのパッケージです。

89.2008年12月04日

接着剤はもちろん有害物質を含まない、なおかつ接着力の強いものを使用します。

90.2008年12月04日

日本の普通のビニールクロスより幅の狭い75センチ。職人さんには貼りやすいのかそれとも・・・・。結果が楽しみです。

91.2008年12月06日

通称Pタイルと呼ばれる防水性のある床材を貼っていきます。

92.2008年12月06日

紙クロスのオガファーザーを仕上げていきます。

93.2008年12月10日

エクステリア工事が始まりました。

94.2008年12月12日

リビングの1面のみ厚みのでる塗料を機械で吹き付けます。

95.2008年12月12日

ハケを使って塗料にクシビキと言われる模様をつけます。

96.2009年01月08日

シャープな外観に完成しました。

エリアでみる - すべて にある

その他の完工事例

ページトップへ